雑務を代行してもらう|マンション経営は不動産会社のサポートを活用する

マンション経営は不動産会社のサポートを活用する

男性

雑務を代行してもらう

メンズ

近年、新しい不動産運用の形としてairbnbに移行する人が増えてきています。airbnbとは2008年にアメリカで発足された会社で、ネットや携帯から世界中の宿泊施設が予約できるというシステムです。現在頻繁に耳にする「民泊」の延長線上だと思っていただけたらいいでしょう。airbnbには住宅の内容を問わず様々な物件が提供されています。通常の住宅から、お城やヴィラなどユニークに富んだラインナップが人気となった特徴です。日本でもairbnbを運用する不動産オーナーが増えており、年々増加傾向にある外国人観光客を中心に多くの人が利用しています。2020年の東京オリンピック時には多くの顧客獲得が見込めるため、不動産運用を検討している人はairbnbの利用を検討されても良いでしょう。airbnbには代行業者も数多くあり、物件のスケジュール管理やアメニティの補充といった業務を代行して行なってもらえます。入れ替わりが多い宿泊施設につき、このような作業を代行してもらえるのは非常に心強いサービスといえます。また代行業者の多くは、売り上げに応じた料金システムで運用を行なっています。そのため、空室が続いてしまうことは代行業者にとっても都合が悪いため、入居者の確保のために最大限の努力をしていただけるのです。英語が堪能なスタッフも多いので、外国人利用者とのコミュニケーションに困るような心配もありません。しかし、airbnbの楽しみの1つとも言えるゲストとの交流の機会を損ねてしまう可能性もあるので、代行業者を利用する際は利用規約をしっかり確認するようにしましょう。